スカンディックケア のブログ

Scandic care の“今”を発信していきます

自律神経の乱れからぎっくり腰に?!

関東では風が強くて寒暖の差も激しく、体調管理が大変な日々が続いていますね。

 

このような季節の変わり目では特に、自律神経が乱れやすいこともあって体調を崩す方が多い傾向にあります。

 

自律神経には活動する時に働く交感神経と、休息する時に働く副交感神経の2つがありますが、この交感神経と副交感神経のバランスが取れていることで身体は正常に機能することができます。

 

ですが、様々なストレスなどによって交感神経が優位になりやすく、そうなると身体の緊張が抜けにくい状態が続いてしまいます。

 

緊張が続くことで筋膜が硬くなり、循環が滞ることで内臓の機能も低下し、内臓の機能が低下することで体調も崩しやすくなり、姿勢が悪くなって脊柱のバランスが乱れることで更に内臓機能の低下や筋膜の硬さが強くなり・・・。

 

といったように自律神経が乱れることで悪循環に陥りやすく、様々な症状が現れる可能性が出てきます。

 

その結果増えてくるのが【春先のぎっくり腰】です。

 

この時期に何かしら身体の不自由さ、体調の悪さを感じている方は要注意!

 

特に首回りが硬い方はぎっくり腰になりやすい傾向にあるようです。

 

筋膜リリースでは筋膜を伸ばして姿勢や身体のバランスを整えるて循環を促し、心地よい圧でリラックスさせることで副交感神経を優位にして自律神経の正常化を目指します。

 

”転ばぬ先の筋膜リリース”

 

やってしまった!となる前に、今からしっかり対処しておきましょう。

f:id:scandiccare:20170221232226p:plain

f:id:scandiccare:20170221232231p:plain