スカンディックケア のブログ

Scandic care の“今”を発信していきます

水分補給について【経口補水液】

おそらく皆様もすでに言うのも嫌になってると思いますが、連日暑いですね〜。

 

温暖化の影響で年々気温が上昇しているんだろうと思ってましたが、こんな記事を見つけました。

気温が上がってるのではなく、体感温度が上がってるのか??

色々な条件があるので一概には言えないでしょうが・・・。

たしかに東京でエアコンのない生活は考えられず、常にお世話になっているので体の暑さに対する耐性がなくなってきてもおかしくない気はします。

 

何はともあれ、体調を崩さないよう健康管理に気をつけましょう。

 

暑さで怖いのが【脱水症状】ですね。

 

こまめな水分補給が重要となります。

基本的に水分補給は水がいいと思います。しかし、発汗量の多い時、軽く脱水症状となっている時には水だけを飲み続けてしまうと問題が起こるかもしれません。

 

汗をかいている時は、体内の電解質(塩化ナトリウムやカリウムなど)も多く失われているので、そのまま水を飲み続けると血液中の塩分濃度がさらに薄まり、低ナトリウム血症を起こす可能性があります。

 

そこで水分補給として経口補水液という選択肢が出てきます。

 

最近はCMや広告で宣伝していたり、商品も色々売っているので知っている方も多いのではないでしょうか。

 

この経口補水液は塩分と糖分を一定の割合で混ぜた飲料で、失った体液をすばやく吸収しやすいようになっています。

 

いわゆる【飲む点滴】とも言われ、経口補水療法として脱水になりやすい高齢者や(点滴を受けるのが難しい)乳幼児に口から摂取する点滴として使用されたりしています。

 

薬局に行けば売っていますが、自分で作ることもできます。

 

〜レシピ〜

水 1ℓ

食塩 3g

砂糖 40g

 

飲みやすくするためにお好みでレモン少々入れてもいいらしいです。

正直、美味しいものではないので(脱水時に飲むとおいしく感じるが)せめて冷やして飲みたいところですが、氷を入れてしまうと濃度が変わってしまうので気をつけましょう。

経口補水液は雑菌が繁殖する可能性があるとのことで作り置きは控えたほうが良さそうです。

 

この暑い時期は水分補給として経口補水液さえ飲んでいればいいのでは?

 

と考えるかもしれませんが、塩分が含まれているので場合によっては塩分過多となる可能性があります。

 

医師より塩分やカリウムの摂取制限を受けている方は特に注意が必要です。

 

汗を多くかいた時の水分補給としては経口補水液でよさそうですが、通常時の水分補給としてはやはり水を飲みましょう。

 

暑い時期の水分補給は命に関することですので、水、経口補水液スポーツドリンクなど状況に応じてうまく使い分け、こまめな水分補給に心がけましょう。